タンベルグデータ製 LTOドライブ / RDX

RDX® QuikStation™ 8

高性能で様々な構成に対応するリムーバブルディスクライブラリ

RDX QuikStation™ 8は、iSCSI接続のリムーバブルディスクライブラリです。中小規模の事業者向けで、物理環境下・論理環境下のデータ保護、及び災害復旧のためのオフサイト保管ができる装置です。 8つのRDXドライブを搭載しており、3TBのカートリッジを使用した場合は最大24TBのオンライン保存容量が確保できるのに加え、カートリッジが取り外せるのでオフラインの保存容量は無制限に拡大できます。

RDX QuikStation™ 8

様々な構成により多彩な使い方が可能

ディスクモード
8台のRDX QuikStor リムーバブル/固定ディスクモード(ホスト8つまでアドレス指定が可能)
カートリッジ最大4本の容量からなる論理ボリューム2つ(ホスト2つまでアドレス指定が可能)※1
カートリッジ最大8本の容量からなる論理ボリューム1つ(ホスト1つアドレス指定が可能)※1

※1 論理ボリュームと保護ボリュームは固定ディスクモード及びリムーバブルディスクモードの場合に
設定できます。

オートメーションモード
仮想StorageLoader™(8スロット・1LTOドライブ)※2
仮想StorageLibrary™ T24(8スロット・2LTOドライブ)※2
仮想ディスクオートローダー(8スロット・1ドライブ)

※2 仮想テープオートローダ/ライブラリモードは仮想LTOドライブを搭載した設定ですが、
RDXの容量やパフォーマンスを制限するものではありません。

ハイブリッドモード
StorageLoaderと4RDXターゲットの組み合わせ

RDX QuikStation 8のメリット

柔軟な構成

ネットワークにつながっているシステムであれば、どのシステムでも複数のシステムからでもデータを保管できます。複数の異なるストレージ構成ができるため、多様な使用環境に対応します(例:テープライブラリ・テープオートローダとして使う、リムーバブルディスクとして使う、論理ボリュームを構成する、テープとディスクの組み合わせで使う、等)。また、主要なバックアップソフトと互換性があります。

iSCSI接続

GbEポートを4つ搭載しており、ロードバランシングモード、またはフェイルオーバーモードに設定できます。また、10GbEポート搭載モデル※3もございますので、より高速な処理が求められるシーンにも対応します。

※3 型番8940-RDXが対象製品です

大容量と高い可用性

複数のディスクにわたる大容量のデータ保護を実現しながらも、取り出せるカートリッジでオフライン保管ができます。保護ボリュームの構成をすれば、構成によって1本または2本のディスク障害への耐性を持たせることができます。

管理機能

ウェブベースの管理画面は、複数言語対応で操作がわかりやすく、標準的なブラウザから使用できます。最新のファームウェアへの自動更新、装置の管理・運用、稼働状態のチェックやセキュリティ設定ができます

特長

RDXテクノロジー
リムーバブルディスクの標準的な仕様であるRDXは、テープのように取り外せて耐久性に優れつつ、ディスクですのでランダムアクセスができる技術です。
  • ディスクとテープ両方の利点をもっています。
  • ローエンドテープ装置の置き換えに最適
  • 衝撃耐性、静電気耐性のあるカートリッジ
  • 通常のハードディスクとしても使えます。
  • 導入も操作も簡単
  • 故障が少なく信頼性が高いです。
  • 容量帯:500GB~4TB、SSD128GBと256GBもあります。
  • 主要なサーバーベンダーにOEMで採用されています。
  • カートリッジの寿命は10年(保管環境)
  • カートリッジの保証期間は3年
  • 暗号化対応
取り外せるカートリッジ
ストレージ・災害復旧・アーカイブ・データ授受等の用途において、容易かつ安全にデータを移動させることができます。カートリッジの寿命はオフライン状態で10年以下が目安とされます。
8つのRDXドライブ
RDX8台のiSCSIリムーバブルディスクターゲットや、8スロットの仮想テープライブラリ、ディスクオートローダとしても構成できます。
論理ボリューム
カートリッジ最大4本ずつで2つの論理ボリュームが構成できます。3TBのカートリッジ4本ずつ計8本で論理ボリュームを構成した場合は最大24TB、保護ボリュームモードの場合は最大18TBまで保存可能です。
高パフォーマンス
ディスク8台に同時に読み書きする場合は高い転送レートが期待され、バックアップ時間の短縮につながります。
保護ボリュームの構成
ディスク障害に耐性を持たせて可用性を高める構成が設定できます。
冗長電源(オプション)
電源の障害に備えて冗長化ができます。
ネットワーク接続
インストールも既存システムとの連携もネットワーク経由なので容易です。既にRDXを複数台使って運用している場合は本装置へのリプレイスが便利です。
省エネ対応
省電力(標準で90W以下)
カートリッジをオフラインにすれば更に消費電力・熱の発生が抑えられます。 様々な機能をもちながら、省スペース2Uの筐体。
柔軟な構成
仮想テープモードでは既存のバックアップ運用を変えずに即導入が可能です。iSCSI接続で複数ホストや複数の異なる環境も集中的に管理できるため、管理費用が削減できます。
4つのGbEポート
可用性が高く柔軟なネットワーク構成ができます。
10GbEポートモデル***
最大1000MB/sの高速アクセス
ウェブベースの管理画面
お使いのウェブブラウザから、装置の管理・操作・診断・セキュリティ設定やファームウェアの自動更新が世界中どこにいてもできます。日本語を含む複数言語に対応しています。
3年間センドバック保証
世界で長い実績のあるタンベルグデータの信頼あるサービスが受けられます。有償にてオンサイト保守サービスにアップグレードも可能です。
バックアップソフトウェアとの互換性
Windows®、Linux、Mac OS、および主要なバックアップソフトウェアと互換性がありますので、既存のバックアップ構成に容易に統合できます。
簡単な操作・設定
特別な知識やトレーニングは不要で、すぐにデータ保護を開始できます。
高い信頼性
タンベルグデータは、世界中で中小規模事業者向けのデータ保護製品を35年以上取り扱っています。タンベルグデータが設計・生産・販売・保証まで全て手掛ける信頼ある製品です。

お問い合わせ